--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年01月09日 (土) | Edit |
12月19日に宝塚市で迷子になったウルフ君、年が明けた1月8日の深夜に無事保護されて、お家に帰りました。
捜索や拡散にご協力いただき、本当にありがとうございました。

保護直後のウルフ君と笑顔の里親さん
保護直後のウルフ君と笑顔の里親さん(捜索ボランティアさん撮影)

ウルフ君、帰宅後はよく食べてよく寝ているそうです。落ち着いて見ると、やはりやせてしまっている感じがするそうです。
放浪しているときは、あまり餌は取れていなかったでしょうし、緊張してしっかり寝ることもできなかったでしょうからね。お家に帰って安心できたようで、よかったー。

熟睡中(?)のウルフ君
帰って安心して寝ているウルフ君、癒やされます。

ご家族には震えることもなく落ち着いているそうです。
失踪前に1週間一緒に過ごしただけでしたが、ウルフ君にとってはしっかり家族として認識できるようになっているのかもしれませんね。


気になるウルフ君の右前足の怪我ですが、里親さんが今日病院に連れて行ってくださいました。
すると結果は右前足の骨折! 折れてしばらく経っているので、もう既にくっついてきている状態だそうです。

思い返せば、12月24日の目撃情報以降、ウルフ君の行方はようとして知れず、どこか遠くに移動してしまったのではないかと、みんなで心配していたのです。そして1月8日、以前と同じような場所での目撃、保護となったわけですが、この空白期間のなぞがやっと解けた気がします。

ペット探偵さんが書かれた経験談などでは、しばらく目撃情報がなければその一帯からはいなくなっているということを書かれていたりするので、山を越えて西に帰ってきているのではないか、あるいは東に向かいお家を通り越して大阪まで行ってしまっているのではないかと心配していました。ちょうど大阪の警察にも届けを出してもらおうとしていた矢先に、ウルフ君の目撃情報が出て心底ほっとしたわけですが、夜間に活動していたかもしれないとはいえ、2週間も全く人目につかなかったのは不思議でした。それほどウルフ君がいた地域には、里親さんとボランティアさんが精力的にポスティングをしてくれていたからです。

多分24日の直後ぐらいに事故にでも遭い、右前足を骨折してしまったのでしょう。そして痛みが治まるのを、どこかにじっと隠れて待っていた、あるいは痛くて動けなかったということではないでしょうか。そして少し痛みが治まってきて動き回るようになり、発見につながったと。

何らかの事故に遭ったことを考えると、右前足の骨折だけで済み、しばらく潜んでいたら復活できたということは、本当に幸いなことだったと思います。
年が明けてから、市や道路関係の事故死体を処理する部署に電話をかけまくって、ウルフ君がいないことを確認してはいましたが、身を隠しているうちに悪化してしまった場合、本当に発見は困難だったことでしょう。

幾ら必死に捜しても、もうその子はこの世に存在していない。時間が経ってあきらめても、ずっとその子のことが心に引っかかっている。迷子を捜しているときに最悪なのは、きっとそういう状態なのです。
しかも、処理に回されていてもたどりつけない場合があるかもしれない。そんな実話がこちらの「犬が迷子になったら-小春の想い出」には書かれています。迷子を捜している人も、まだ迷子にしたことがない人も、ぜひ情報として頭にとどめておいてほしい話だと思います。

ウルフ君はノラの状態から保護したとき、里親さんを募集したとき、いろいろな面でずっとラッキーボーイでした。
迷子になった当初もラッキーボーイなのですぐに発見できると思っていたものの、結局3週間もかかってしまいました。そして、足の骨折。これらのことは本当は迷子になってしまったことも含めてアンラッキーなのかもしれませんが、(ある意味)軽傷で無事に保護できたことに加え、間違いなくウルフ君と里親さんのきずなを深めることになったことを考えると、案外ラッキーだったのかもしれません。


改めて、ウルフ君の捜索にご協力くださった皆様にお礼を申し上げます。
そして、多くの方々に心配をおかけしてしまったこと、心よりおわび申し上げます。

お帰りなさいウルフ君

ウルフ君はこれから飼い犬としての道を突き進んでいきます。



にほんブログ村 犬ブログ 迷い犬・迷子犬へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/01/11(Mon) 07:00 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/01/11(Mon) 20:41 |   |  #[ 編集]
ポッキーモカまま こと
ぷちぷち店長と申します。
ペット用品の店をしております。
はりりんさんに伺いました。
無事に見つかり良かったですね。
ウルフ君骨折していたのですね。
早く治るよう、祈っています。
うちも保護犬を引き取りました。
先住 2頭は、幼いころからいるので、動きが読めますが、
保護犬(当時8歳くらい)、タルトは、なかなか動きが読めずに、数日目に、逃がしかけました。腰をつかんで免れましたが、がっつり噛まれました。あの時逃がしていたら・・・・
そう思うと他人事と思えずお店にて、チラシ、ポスター貼らせていただきました。無事保護のお知らせは、みなさんにお伝えしました。
「よかったあ」と、みなさんも安心されました。
これをきっかけに、お客様に、首輪の、調節、点検をしていただいたり、抜けやすい子には、ダブルリードのおすすめをしました。誰にでも起こりうることです。老犬になれば、徘徊もしますので・・・・
息子が、以前、そちらの方の農業高校にいっており、なんだか余計に気になって・・・
これからも活動、頑張ってください。良いご縁に恵まれますようにお祈りしております。長文失礼いたしました。
2016/01/12(Tue) 15:01 | URL  | ぷちぷち店長 #-[ 編集]
ぷちぷち店長さんへ
お店にポスターを貼っていただいたとのこと、ご協力ありがとうございました。
はりりんさんにもひとかたならず、ご協力いただき、ありがたく思っています。
おかげさまで、ウルフ君、無事お家に帰ることができました。

どの子も迷子にはさせたくありませんが、特に保護犬は怖がりの子も多く、迷子にしてしまったが最後、見つけるのも保護するのも困難ですよね。
本当にウルフ君が見つかってよかったです。

私もいろいろポスター掲示をお願いしたところにご連絡していますが、見つかると思われていなかった方も多かったですv-399

迷子防止のアドバイスをいただけるペット用品店、素敵ですね。
2016/01/13(Wed) 22:34 | URL  | はやっち #bBmFigmc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。