2017年08月11日 (金) | Edit |
先月のことですが、
うちの子を連れて動物病院に行き
受け付けをしようとしたところ、
待合室に何だか見覚えのあるワンコがいます。


2017081101.jpg


ウルフ君!?

いやいや……飼い主さん違うし……

いやいや、ここ、ウルフ君のところからかなり遠いし……

でもウルフ君にうり二つです。


↓こちらがウルフ君
ウルフ君


厚かましくも早速聞き込み調査をしました!

この子は「大ちゃん」といって、
生後3カ月ぐらいのときに1匹でいるところを
保護した子だそうです。

飼い主さんのお話をまとめると……

・大ちゃんを保護した場所は、
 ウルフ君一家がいた地域のすぐそば。

・大ちゃんを保護した時期は、
 ウルフ君が生まれたと考えられる時期の2~3カ月後。

・そして何より、あまりにもそっくりな風貌、体型、さらに性格。


これらの全てを検討して、大ちゃんとウルフ君は
一緒に生まれた兄弟ということに確定しました!(私の中で


早速ウルフ君と、ウルフ君の弟の銀ちゃんの里親さんたちに
大ちゃんのお話をしました。
皆さん、新たな兄弟の出現に喜んでおられました。

普通、保護した時点で存在がわかっていない
ノラワンコの兄弟が後からあらわれるなんて、
あり得ないですよね。
大ちゃんに出会えた奇跡に感謝です

そういえば、ウルフ君の仮の名は「大福君」で、
みんなで「大ちゃん」と呼んでいたんです。
それも何だか不思議な巡り合わせです。


最近のウルフ君と銀ちゃんの写真もいただきましたよ
全部同じ子じゃないですよ。
1枚目がウルフ君、
2枚目、3枚目が銀ちゃんです。


2017081102.jpg
里親さんにすりすりするウルフ君

2017081103.jpg
将棋盤にあごを載せる銀ちゃん

2017081104.jpg
こちらは「お外に出たい~」と訴えている銀ちゃん



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村


2016年01月13日 (水) | Edit |
ウルフ君が発見されたときの詳細を、里親さんと捜索ボランティアさんからお聞きしました。

1月8日の朝、ウルフ君の目撃情報をいただきましたが、夜にも目撃情報があったそうです。
その情報によって捜索ボランティアさんが捜索していたところ、武庫山の空き地の草むらに、けもの道のような跡を発見されたそうです。
それこそが、ウルフ君が身を潜めていた場所だったらしいのですが、ボランティアさんが入っていったことによって、ウルフ君は一旦逃げ出したようです。
後から駆けつけた里親さんが車で周りを捜索していると、目の前をウルフ君が走って行き、再び空き地に逃げ込んだそうです!
空き地は幸い手前にしか入り口がなく、入り口をふさぎながら2人で捜索され、草むらの中をひっつき虫だらけになりながら、やっとウルフ君を確保できたそうです。

一連のお話を伺っていると、ウルフ君が発見できたことは本当に奇跡だと思いましたが、一方、ボランティアさんの経験や勘、里親さんの粘りと愛情による必然のようにも思えました。



ウルフ君、お家にて。視線の先には里親さん


何度もウルフ君のことを掲載してくださったベッポさんのブログに、迷子になったあん子ちゃんのことが書かれていました。
ウルフ君と同じ保護犬で、旅行中に迷子になったようです。
雑種犬「あん子」を探しています。
顔も毛色もウルフ君にちょっと似ていて、迷子になった時期もかぶっていて、とても人ごととは思えません。心配です。



にほんブログ村 犬ブログ 迷い犬・迷子犬へ
にほんブログ村
2016年01月09日 (土) | Edit |
12月19日に宝塚市で迷子になったウルフ君、年が明けた1月8日の深夜に無事保護されて、お家に帰りました。
捜索や拡散にご協力いただき、本当にありがとうございました。

保護直後のウルフ君と笑顔の里親さん
保護直後のウルフ君と笑顔の里親さん(捜索ボランティアさん撮影)

ウルフ君、帰宅後はよく食べてよく寝ているそうです。落ち着いて見ると、やはりやせてしまっている感じがするそうです。
放浪しているときは、あまり餌は取れていなかったでしょうし、緊張してしっかり寝ることもできなかったでしょうからね。お家に帰って安心できたようで、よかったー。

熟睡中(?)のウルフ君
帰って安心して寝ているウルフ君、癒やされます。

ご家族には震えることもなく落ち着いているそうです。
失踪前に1週間一緒に過ごしただけでしたが、ウルフ君にとってはしっかり家族として認識できるようになっているのかもしれませんね。


気になるウルフ君の右前足の怪我ですが、里親さんが今日病院に連れて行ってくださいました。
すると結果は右前足の骨折! 折れてしばらく経っているので、もう既にくっついてきている状態だそうです。

思い返せば、12月24日の目撃情報以降、ウルフ君の行方はようとして知れず、どこか遠くに移動してしまったのではないかと、みんなで心配していたのです。そして1月8日、以前と同じような場所での目撃、保護となったわけですが、この空白期間のなぞがやっと解けた気がします。

ペット探偵さんが書かれた経験談などでは、しばらく目撃情報がなければその一帯からはいなくなっているということを書かれていたりするので、山を越えて西に帰ってきているのではないか、あるいは東に向かいお家を通り越して大阪まで行ってしまっているのではないかと心配していました。ちょうど大阪の警察にも届けを出してもらおうとしていた矢先に、ウルフ君の目撃情報が出て心底ほっとしたわけですが、夜間に活動していたかもしれないとはいえ、2週間も全く人目につかなかったのは不思議でした。それほどウルフ君がいた地域には、里親さんとボランティアさんが精力的にポスティングをしてくれていたからです。

多分24日の直後ぐらいに事故にでも遭い、右前足を骨折してしまったのでしょう。そして痛みが治まるのを、どこかにじっと隠れて待っていた、あるいは痛くて動けなかったということではないでしょうか。そして少し痛みが治まってきて動き回るようになり、発見につながったと。

何らかの事故に遭ったことを考えると、右前足の骨折だけで済み、しばらく潜んでいたら復活できたということは、本当に幸いなことだったと思います。
年が明けてから、市や道路関係の事故死体を処理する部署に電話をかけまくって、ウルフ君がいないことを確認してはいましたが、身を隠しているうちに悪化してしまった場合、本当に発見は困難だったことでしょう。

幾ら必死に捜しても、もうその子はこの世に存在していない。時間が経ってあきらめても、ずっとその子のことが心に引っかかっている。迷子を捜しているときに最悪なのは、きっとそういう状態なのです。
しかも、処理に回されていてもたどりつけない場合があるかもしれない。そんな実話がこちらの「犬が迷子になったら-小春の想い出」には書かれています。迷子を捜している人も、まだ迷子にしたことがない人も、ぜひ情報として頭にとどめておいてほしい話だと思います。

ウルフ君はノラの状態から保護したとき、里親さんを募集したとき、いろいろな面でずっとラッキーボーイでした。
迷子になった当初もラッキーボーイなのですぐに発見できると思っていたものの、結局3週間もかかってしまいました。そして、足の骨折。これらのことは本当は迷子になってしまったことも含めてアンラッキーなのかもしれませんが、(ある意味)軽傷で無事に保護できたことに加え、間違いなくウルフ君と里親さんのきずなを深めることになったことを考えると、案外ラッキーだったのかもしれません。


改めて、ウルフ君の捜索にご協力くださった皆様にお礼を申し上げます。
そして、多くの方々に心配をおかけしてしまったこと、心よりおわび申し上げます。

お帰りなさいウルフ君

ウルフ君はこれから飼い犬としての道を突き進んでいきます。



にほんブログ村 犬ブログ 迷い犬・迷子犬へ
にほんブログ村
2016年01月09日 (土) | Edit |
先ほど里親さんから連絡があり、ウルフ君、無事保護できたそうです\(^o^)/。

目撃情報により、武庫山で会えたそうです。
右前足に怪我をしているそうですが、帰ったらすぐにご飯を食べたとのこと。
そんなにやせていないということなので、どこかでご飯の調達はできていたのでしょうか?

捜索、ポスティング、チラシ作成、ネット拡散などにご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。
多くの方々の思いがウルフ君の無事保護につながったと思っています。感謝します。

にほんブログ村 犬ブログ 迷い犬・迷子犬へ
にほんブログ村
2016年01月08日 (金) | Edit |
1月8日23時50分、ウルフ君、無事保護できました。
皆様、ご心配おかけしました。
ご協力ありがとうございました。


今朝6時ごろ、阪急宝塚南口駅と逆瀬川駅の間を流れる支多々川にかかる山下橋を、ウルフ君らしき犬が歩いているのをご近所の方に目撃されました。橋を渡って宝塚教会の前を山のほうに歩いて行ったそうです。
まだ薄暗かったので、はっきりとはわからなかったものの、背中が黒く、中型だったそうで、ウルフ君の可能性が高そうです!

12月24日以降、ぴったりと目撃情報もなく、もう近くにいないのかと心配していましたが、最初からあまり行動範囲を広げていないようです。多分人目につかない夜間に行動しているため、目撃情報がないのでしょう。

宝塚南口駅と逆瀬川駅の間を中心とした、武庫川、逆瀬川、山で囲まれた地域のどこかにいるのではないかと思います。
近辺の方、特に暗い時間に通勤・帰宅されたり、ウォーキングや、ワンちゃんのお散歩などで歩かれる方、一人歩きしている中型犬がいないか気にしていただけたら助かります。

怖がりな子ですので、見かけても絶対に追いかけないで、ポスターの連絡先にご連絡ください。あるいは、宝塚警察、兵庫県愛護センターに「ウルフ君らしき犬を目撃した」と情報提供いただいても構いません。よろしくお願いします。


捜索にご協力いただける方にお願いです。
印刷できる方は、下記のポスターとチラシをご持参いただき、捜索のお役に立てていただければ幸いです。


ウルフ君捜索ポスター
ウルフ捜索ポスター


ウルフ君捜索チラシ
ウルフ捜索チラシ


印刷用のpdfファイルが必要な方は、メールフォームか非公開コメントでアドレスをお知らせください。ファイルを送信させていただきます。


にほんブログ村 犬ブログ 迷い犬・迷子犬へ
にほんブログ村